体と心の健康を応援するブログ「KTライフスタイル」

KTライフスタイル

心と体のケア

【ポジティブな自分に!】言葉を大切にするルイーズ・L・ヘイを見つけて

更新日:

©ktlifestyleblog
画像はktlifestyleblog.comに著作権があります。無断使用は禁止しております。
2016年9月執筆

口ぐせに気をつけるべき

自分の口ぐせが「人生を作る」と聞いたことがあります。

それなのに私の口ぐせは「私なんてダメだ」「私はできない」でした。

最近、この口ぐせを注意してくれる人たちに出会えるようになって、大事なことに気づかされたんです。

これまで江原啓之さんの本も読んだし、言霊の本も何冊も読んだし、分かっていると思っていたのに、実践できていなかったんですよね。

これではいけない!と思って、あれこれ探していた時に、日々の生活の手助けになる本とカードを見つけました。


ルイーズ・L・ヘイとは?

その本とカードが、ルイーズ・L・ヘイの「ライフヒーリング」と「アファーメーションカード」です。

ライフヒーリング」は、心と体の関係丁寧に書かれています。

そして、自分に向けて使う言葉を具体的に自身の経験を交えながら教えてくれています。

アファーメーションカード」の使い方は、カードを毎日一枚引いて声に出して読みます。

わたしが手がけたことはかならずうまくいく

わたしの未来は光輝いている

など、自分に言い聞かせる言葉で自分を毎日勇気付けるんです。

今の自分に合ったカードを引く事がたくさんあって、感動しました。まだ、始めて間がありませんが、何かが変わろうとしています。

追記:定期的に引くようにしています。特に迷ったり、立ち止まったり、落ち込んだりした時に引くと、その時の自分にピッタリの言葉が出て、勇気付けられます。本当にすごいです。

呪いの言葉

「私なんてダメ」

とか

「私はできない」

という言葉は“呪い”の言葉だと教えてくれた人がいました。

なんとも恐ろしく、とても使う気になれません。

もちろん人間ですから、落ち込んだり、自信がなくなったりして、完璧にはなれません。

私の場合ですが、このカードを引くのを忘れてしまったり、サボったりしても、思い出した時にまたそこから始めています。

そうすれば、少しでも前に進めると思っています。

写真に写っている石はパワースポットで有名なアメリカのセドナで娘が買ってきてくれたもの。そして、キラキラ光るサンキャッチャーは私が作りました! 

ルイーズ・L・ヘイの本「ライフヒーリング」はこちらからも購入できます↓改訂新訳ライフヒーリング(旧ライフ・ヒーリンク゛) You Can Heal Your Life

アファーメーションカードはこちらからチェックできます↓
ルイーズヘイ パワーカード アファメーションカード

スポンサーリンク




スポンサーリンク




2019/07/17

【飲み始めて3年】人参リンゴジュースは太ることが分かった

人参リンゴジュースを飲み始めて早3年。2017年末にアメリカに移住してからは以前よりも頻繁には飲まなくなりましたが、日本にいる時はよく飲んでいます。 私が今まで食べたり、飲んだりしたもので、一番体に変 …

2019/04/19

【16年越し】謎の胃腸の痛みの原因が分かったよう

その腹痛はある日突然やってきた… 実は最近、長年の胃腸の痛みの原因が初めて分かったんです。16年という年月、誰にも分かってもらえず、悩んできました。とても感動したので、その経験をシェアした …

2019/04/14

【発見】胸に硬いしこりを見つけた、良性?悪性?

しこりを見つけたきっかけ 現在、アメリカに住んでいる私。30歳を迎えたばかりの2018年4月に左の胸に硬いしこりを見つけました。 きっかけは2か月生理が来なくて、来る気配も感じなかったからです。 生理 …

2018/09/30

【感想】「エドガー・ケイシー療法のすべて2」を読んだら癌情報が盛りだくさん

「エドガー・ケイシー療法のすべて2」を読むきっかけ これまで様々ながん治療の本を読み漁ってきましたが、また新たな仲間が増えました。 ちなみにこの本の正式タイトルは「成人病からアンチエイジングまで完全網 …

2018/09/17

【最強オーガニック】LAのErewhonというスーパーに行ってみた!

画像はktlifestyleblog.comに著作権があります。無断使用は禁止しております。 Erewhonを知ったきっかけ このお店は、アメリカ人の男性Cさんに教えてもらったところ。彼は「君が健康な …

-心と体のケア
-, , ,

Copyright© KTライフスタイル , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.