体と心の健康を応援するブログ「KTライフスタイル」

KTライフスタイル

「 粉瘤 」 一覧

©ktlifestyleblog

【自力で完治】アテロームを90日かけて手術なしで治した!

画像はktlifestyleblog.comに著作権があります。無断使用は禁止しております。 2018年6月執筆 アテローム(粉瘤)が出来てしまった 私は3年半以上も前から口の横にできたアテロームに悩まされていました。 口の横だから余計に気になっていたんです。 調べてみると手術以外に治す方法がないとのこと。 とはいえ、手術をしても同じ場所にまたアテロームができたり、違う場所にもできたりするらしい。だから、病院で手術をする気になれずにいたんです。 そこで、仕事を辞めた2年半前からアテロームを治すために色々と試してきました。 自力で治した人はいないかリサーチを続けて、諦めかけていた時に偶然見つけた薬?で治すことが出来ました。 でも、この方法では、勧めてよいものかはわかりません。 ただ、こんな物があって治ることがあるという事実を書いています。 これはあくまで私が治ったもので、リスクを考えるとオススメできるものではないかもしれません。 今まで試したもの はと麦茶、ドクダミ茶、体のねじれ取り、ひまし油、べに花茶、レタスを食べる、葛湯、馬油、フルボ酸、オリーブオイル、カソーダ、プロポリス…… と覚えているだけで、これだけあります。 これだけ試しても治らないので、いい加減あきらめて病院に行こうと思っていました。 偶然見つけたインドの薬=カイラシュ・クリーム 液体のプロポリスが良いと娘から教えてもらい塗り出しましたのですが、1週間くらいで肌が荒れ、少し大きくなった気がしたので中止。 その2日後に以前偶然見つけて買っていたインドの薬を塗ることに。 このインドの薬を塗ったら、すごい変化がありました❗ 写真がそのインドの薬カイラシュ・クロームです。 90日間でアテロームを治した軌跡 *途中でかなりグロテスクな画像がありますので、ここからは閲覧に注意してください。 1日目: アテロームのヘソの所にインドの薬をちょんとのせる。 2日目:  アテロームから水みたいな物が出て酷くなってる?でも、こんなに変化したことないから、続けてインドの薬をちょんとのせる。頬全体が腫れ始める。 3日目:  絶対に酷くなってる!様子をみるため、薬を塗るのを止める。なんか、マズイことしたかも? 4日目:  アテロームから老廃物?がでてくるし、かゆい。そして触ると痛い。こんなことは初めて。 5日目:  アテロームというより、そのまわりが腫れてきて、元々あったアテローム以外がピンク色でカユイ。何も出てこない。 6日目:  昨日と同じ。 7日目:​ 何か悪いことしたかも?いつもは何を塗っても変化がないのに大きくなってきた。慌てて写真を撮り始める。 2週間前から作っていたドクダミ化粧水をつけはじめる。材料がドクダミとアルコールだけで、殺菌される感じがした。偶然、作っていて良かった。 8日目:  アテロームが少しまとまってきた?ピンク色の晴れの範囲が少なくなり、赤い感じ。元からあるアテロームも赤くなる。 9日目:  昨日と同じ。 10日目: まわりは腫れているけれど、アテローム自体は少し小さくなった。たぶん、ひとまわり位小さくなったと思う。 11、12日目: アテロームは少しずつ小さくなってるかも。まわりが腫れているせいのか。 13日目: アテロームはどんどん小さくなり、全体的に腫れていた頬も小さくなり、腫れている部分がまとまってきた。見た目はヒドいので、見た人たちは驚く。アテロームはくさくないし、ヘソもない。 14日目: ヘソがあったところ以外から血、ウミや液体が出てくる。 15、16、17日目: 血、ウミ、液体が毎日出てきてカサブタができる。カサブタがフカフカするので、押してみると真っ白な物がでてきた。 18日目: お風呂から出たら、カサブタが取れて下から真っ白な柔らかい塊がでてきた。白い塊の大きさが分かり、驚く。血が少し滲んで、寝る時に物が触れると痛いので、キズパワーパッドをして寝る。 19日目: キズパワーパッドに白い塊がたくさん付いてきて、顔の傷も血も少しになって、表面的にマシになった気がする。キズパワーパッドをすると、治りが良いけれど、白い塊を出し切れない気がして、キズパワーパッドなしで寝てみる。 20日目: 朝起きてすぐにタラタラと血と液体が流れ出てきた。キズパワーパッドをしていないからか? 21日目: 昨日と同じでタラタラと血と液体が流れ出てきた。今日は痒い。 22日目: ヘソと思うところから脂肪?が少し出てる。もし、アテロームがあるままなら病院に行かないとダメかもしれない。 23日目: アテロームが小さくなってきてる。きれいに治ると良いけど。今日も脂肪みたいな物が出る。 24日目: 脂肪みたいな物が出る。小さくなっているからイイよね。 25日目: アテロームのヘソがなくなった。 26~34日目: 傷口がうまって少しずつ小さくなったけど、皮膚がむらさき色で目立つ。 35~38日目: お風呂から出て歯を磨いていたら、くさい白っぽい物が毎日出てくる。 40、41日目: 何も出てこない。 46日目: 白っぽい物が出てくる。 47日目: 何も出てこないのに、くさいにおいがした。 71日目: アテロームが本当に治っているか気になり、口の中の頬っぺたの所を舌で触ってみた。前はアテロームの塊が大きいと感じ取れるほどだったけれど、今は何も無い。これは本当に治ってしまったかもしれない。くさいものも出てこなくなった。 この頃からアテロームができるのは、酸性体質もいけないと本で読み、アルカリ性になるものを飲み出す。 90日目: アテロームは、なくなったと思う。 まとめ アテロームがこんな治り方をしましたが、誰でも治るかどうか分からないです。 やったことはインドの薬を塗り、アテロームが腫れてきて酷くなった時にドクダミ化粧水をつけ、湿潤療法を参考にしたことです。 ドグダミ化粧水を使ったのは、まわりの人たちに消毒をするように言われたけれど、消毒をすると細胞が死ぬと思っていたからです。 傷の治し方に消毒液が良いのか?迷っていました。 湿潤療法はカサブタができて、慌てて見つけた方法です。 というのも、カサブタができると傷跡が残ってしまうと思ったからです。 私の調べた湿潤療法は京都逓信病院でしたが、手軽な感じがしなかったので市販されてるキズパワーパッドを使用しました。 キズパワーパッドのおかげで劇的に傷が綺麗になったと思います。 このアテロームの治し方はきっと途中で不安になって病院に行こうと思ってしまうでしょう。 そして、まわりの人からもかなり心配されます。我慢と根気が必要でした。私は治ると信じて疑っていませんでした。 今ではアテロームが再発していることなく、傷跡もほとんど分からないほど完治しました。 ​インドの薬(カイラシュ・クリーム)→サフランロード ​湿潤療法 →京都逓信病院 T

Copyright© KTライフスタイル , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.